« 三笠宮彬子は騒音攻撃をやめろ | トップページ | 戦争を呼ぶ天皇制  »

2014年4月 3日 (木)

ハゲの孫正義と皇太子ナルヒト

皇太子ナルヒトが暗躍しています。ソフトバンクの孫正義(中国系韓国人二世)はナルヒトを象徴する人物です。ナルヒトの顔が孫に似ているからです。孫やソフトバンクのニュースは実はナルヒトのニュースです。孫は禿なので僕はナルヒトのこともいつも禿(ハゲ)と呼んでいます。ソフトバンクの巨大化の背景にはナルヒトがいたことは間違いありません。

一部の報道によると、中国の尖閣問題にからんだ日系企業叩きでニコンのカメラと東芝の洗濯機が中国政府・中国メディアに狙い撃ちにされているようです。なぜニコンのカメラと言えば僕が使っているカメラがキャノン製だからで、我が家にある古い洗濯機が日立製だからです。「ターゲットに類似した隣を叩く」のがマスメディアによる個人攻撃の手法です。たとえばマスメディアが僕を攻撃するとき「久我山の大石」とは言わずに「富士見ヶ丘(久我山の隣駅)の大石」などと言います。こうすればわかる人には久我山の大石を指しているとわかりますし、マスメディアは個人攻撃の責任逃れをすることができます。よく僕が犯罪者であるというデマ情報をマスメディアで流布されます。たとえば僕が白服で外を歩いていると「現在50歳代の刃物を持った黒服の女性の通り魔が富士見ヶ丘付近を逃走中」などどデマを流されます。白服の逆が黒服、男性の逆が女性、久我山の隣が富士見ヶ丘だからで、僕に類似した性質を持つ逆の存在、あるいは隣の存在を叩くことで、暗喩(あんゆ)的に僕を攻撃しているのです。尖閣問題で日系企業を攻撃する中国人も実はニコンのカメラを叩くことでキャノンのカメラを叩き、東芝の洗濯機を叩くことで日立の洗濯機を叩いているのです。1年ほど前のことですが、新宿の歌舞伎町付近を歩いていたとき観光客とおぼしき中国人がたくさん僕の周りに集まってきました。何をする気かと身構えていると、中国人は怒気のこもった目でカメラを取り出し僕の周囲に焦点を合わせて一斉にフラッシュをたきました。もし僕にカメラが向けられていれば中国人の無礼な行為を許してはおかなかったでしょう。しかしカメラの焦点は僕のすぐ横の電柱とか植え込みに向けられていたので何も言えませんでした。労働を忘れ、このような愚かな行為に血道をあげるようになったとは、中国の堕落は予想以上に早かったと言わざるをえません。周恩来のころの真面目な中国を知っている僕としては非常に残念です。

なぜ僕が中国人に陰湿に攻撃されるのかといえば皇室が中国とつながっているからです。僕を攻撃する目的にしろ尖閣問題で中国の肩を持った皇室は徹頭徹尾売国奴なのです。日本人は目をさましてください。僕のように皇室を批判していると韓国人・台湾人呼ばわりされますが、天皇と皇室こそが日本最大の売国奴なのです。皇室と天皇制を支持する右翼も左翼も売国奴です。皇室と天皇制を打倒しなければ中国・朝鮮と遠い血縁を持つ皇室の手引きで、いずれ日本は中国や朝鮮の国になってしまうでしょう。

10時過ぎにごみ捨てに出ました。さっそく10時にアキヒトとナルヒトが明治神宮を参拝したと報じられています。戦前の韓国に存在した朝鮮神宮は明治天皇をまつる明治神宮の兄弟神社です。韓国人に明治天皇とアマテラスへの信仰を強要したことで有名な神社ですが、皇室には朝鮮と同族であるとの自覚があったと思います。朝鮮王室に嫁いだ梨本宮という皇族も存在します。従って今後日本が隣国との戦争になった場合、皇室が利敵行為を行うだろうことは明白です。

明治神宮については「廃仏毀釈」を編集したのでhttp://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-6039.html をどうぞ。ただし僕が仏教寺院や東照宮を賛美しているわけではありません。それが新興宗教の施設であれ何であれ、皇室を神とした国家神道が他宗教の施設を破壊した蛮行は許されないと言いいたいのです。NHKは明治神宮の隣ですからとりわけ関係が深いのでしょう。

明治神宮は明治時代に建てられた新設神社でまだ100年も経っていません。明治神宮の場所はもと近江彦根藩(滋賀県)井伊家の下屋敷だった場所です。渋谷周辺の人がどうしても明治神宮に参拝したいなら代々木八幡宮の方がましでしょう。代々木八幡宮の創建は相当古く境内から縄文時代の遺跡が発見されています。これは八幡宮の創設以前に同地が縄文人の崇拝の場所だったことを示しています。大陸から渡ってきた天皇のヤマト朝廷は東に向かって徐々に縄文人の拠点を征服していきますが、その過程で創建されたと思われるのが八幡神社です。ヤマト人はあえて縄文人の崇拝場所の上に八幡神社を建てたと考えられます。同様の方法が南アメリカでカトリックがインディオを服従させるのに採られています。カトリックの神父はインディオの崇拝する石や岩の真上に教会を建てました。こうすればインディオを無理やり改宗させるよりすんなりと言うことをきかせることがでたからです。ヤマト朝廷も縄文人の祈りの場所に八幡をまつって縄文人を懐柔したのでしょう。僕は神社なんか参拝しませんが新設神社に過ぎない明治神宮より古くからの祈りの場所がパワーがあってよいのではないかと思います。

僕が4月2日(水)のブログ記載を止めた時間帯を狙ってNHKのニュースサイトが情報操縦を始めています。4月2日午前10時にアキヒト(天皇)、ナルヒト(皇太子)、正田美智子は明治神宮を参拝したとマスコミ報道されましたがNHKニュースサイトでは伝えられていませんでした。夜になって午前の内容が加工され、「両陛下・皇太子さま 昭憲皇太后没後100年で参拝」(20時33分)とNHKニュースサイトで出ました。僕の「明治神宮は新設神社でまだ100年も経っていません」の表現を受けた情報操縦です。僕が数字の100を使ったことをとって、大石は本当は皇室を支持している、とデマを流すためです。「皇太后の没後100年で参拝した」との表現はNHKが最初で僕のブログ内容を受けて夜になって作られたねつ造記事だとわかります。明治神宮を参拝したとの報道は、僕が朝ソフトバンクの孫正義とナルヒト(皇太子)の関係を指摘してから、朝日のニュースサイトで最初に出されています。(11時)NHKの「100周年参拝」がねつ造ですから、明治神宮を参拝したという記事全体もねつ造で、本当に皇族が明治神宮を参拝したかどうかも怪しいです。皇室の依頼で僕を攻撃するためだけにマスコミが延々と記事をねつ造し続けているのです。(ブックマークしていた読売のサイトは更新が停止されていたため未確認です。僕はファイヤーフォックスのブラウザでマスコミサイトを読んでいましたが読売のサイトは3月30日で更新が止まっています。インターネットエクスプローラだと読売の新しいサイトが読めますがブラウザの違いで読者をふるい落としているのでしょう。2ちゃんねるなども同様で、インターネットエクスプローラーで読むと更新が止まっているように見えて別のブラウザだと読めることがあります。

それからNHKニュースサイトでは京都の平等院が大修理を終えたという記事も流れていました。これも昨日僕が久能山東照宮の大修理についてふれたことへの情報操縦です。僕が日本仏教を肯定しているとデマを流しています。仏教と神道は差別の根源ですから断じて容認しません。NHKが一見無関係な明治神宮と平等院の記事をねつ造したことで気がついたことがあります。どちらも中村恭巳の持ち上げていた(評価していた)施設なのです。記事のねつ造に中村・丸山一派が関わっていることがわかります。中村・丸山一派はとかく勝ち負けにこだわり何にでも一番をつけたがりました。中村はこちらが聞いてもいないのに「日本建築では平等院が最高」、「神社では明治神宮」などと言っていました。中村は明星学園高校時代に京都への修学旅行でどこへ行くかを決めるのに友人と論争になり、言い負かして平等院に行ったことがあったそうです。その理由は高校の教科書に平等院が最も優れていると書かれていたからにすぎませんが、自分の好みを強引に一番だと強弁するのが幼児じみた中村流のやり方です。なんでもかんでも自分の好みが一番でないと気が済まない人でした。まさに「あらゆる知識に精通した将軍様が選んだものはすべてが最高、ピョンヤンの遊園地も世界最高」という北朝鮮の独裁者とうり二つです。数ある京都の文化財でなぜ平等院が一番なのか、あるいは平等院の背景にある浄土教についてくわしいのかとたずねてもまったく答えられません。平等院は貴族の藤原氏の寺ですから平等であるはずもありません。そもそも中村は寺社建築などに興味はないのです。中村はある分野の批評を行い、最高の存在を指摘することで、その分野についてのオーソリティーだとひからかしているのです。日本建築なら平等院、作曲家ならベートーヴェン、思想なら丸山真男、アイドルなら郷ひろみというように。なぜ中村がこんなことにこだわるかといえば、いろんなことを広く知っていることがよいとされた教養主義に支配された時代に青春を送ったからです。当時はスポーツができるよりも知的で頭のいい教養主義的な男性が女性にもてた時代でした。広く知識があり、何にでも答えられることが最高の男性的魅力だと思われていたのです。永六輔やはかま満緒などの高齢のインテリ気取りの芸人や、宮台真司などの評論家タイプに古臭い教養主義的なスタイルを見ることができます。丸山真男という一学者が団塊世代で人気化したのも同じ理由によります。岩波書店の本などで格好良くポーズをとった丸山真男の写真を見ることができますが、高校の教科書のような記述に過ぎない丸山真男の著書「日本の思想」を読んだ団塊世代の諸氏は(男も女も)写真を見て「くらっ」ときてしまったのです。こんな写真は岩波書店の作り上げた販売戦略上の虚像に過ぎません。現実の丸山真男は肺病やみの小男です。(身長165センチ程度)岩波書店が知的で格好よくてハンサムな丸山真男を演出し、今では偶像化され神格化されつつあります。音楽ファンでもない中村・丸山信者が「ベートーヴェンの作品はすべての芸術ジャンルで人類最高の作品」などど言っているのを知るとうんざりします。実際に彼らは京都に行けば平等院しか見ないし、クラシック音楽ならベートーヴェンの「熱情」や「運命」しか聞かないのです。教養主義者の教養がもはや教条主義化していると言えるでしょう。

« 三笠宮彬子は騒音攻撃をやめろ | トップページ | 戦争を呼ぶ天皇制  »

Interference  進路妨害の実際

  • .
    Interfere a course by stalkers. Method of harassment. Atsumi Oishi took all photographs. I forbid the unauthorized use of all photographs. Main Page: http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/

騒音攻撃の航空機

  • マスコミ取材ヘリ
    撮影:大石敦巳  [本写真の無断使用を禁じる] 2012年2月 6日記載の本ブログ「ノイズキャンペーン(騒音攻撃)の航空機写真」http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-16e4.htmlを参照

Noisecampaign Planes

  • ブログの記載を騒音で妨害する消防ヘリ
    騒音攻撃 Noise Campaign. Atsumi Oishi taken all photos. I forbid the unauthorized use of all photographs. http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/help-me-9.html

震災の記録(2011年3月10日から5月)

  • 天皇制打倒
    2012年6月 7日記載の本ブログ「震災の記録 2011年3月7日から3月16日」http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/201137316-5150.htmlを参照 撮影:大石敦巳  [本写真の無断使用を禁じる]

2011年3月11日震災当日の写真

  • 震災2時間後に運動を装う工作員の老人
    2012年6月 7日記載の本ブログ「震災の記録 2011年3月7日から3月16日」http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/201137316-5150.htmlを参照 撮影:大石敦巳 [本写真の無断使用を禁じる]

ストーカーたち

  • 2528
    撮影:大石敦巳 [本写真の無断使用を固く禁じる] メインページ:http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/

清水区の組織的ストーカー、東海大学附属小関係者と石原新聞店(東海大小OB)、高橋の朝日新聞販売店 

  • Crazydriver
    撮影:大石敦巳 [本写真の無断使用を固く禁じる] メインページ:http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/

コインテルプロ攻撃の実際

  • 数字のアンカリング・選択の自由の剥奪
    撮影:大石敦巳 [本写真の無断使用を禁じる] http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-e849.html

僕の書いた絵 My Paintings

  • 自分で手描きしたシャツ。(裏・背中面)
    撮影:大石敦巳 [本写真の無断使用を固く禁じる] http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-278b-9.html

2011年3月震災直後の記録

  • 3月14日 食料品不足
    2012年6月 7日記載の本ブログ「震災の記録 2011年3月7日から3月16日」http://astumioishi.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/201137316-5150.htmlを参照 撮影:大石敦巳  [本写真の無断使用を禁じる]
フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30